taruishisama1
TARUISHI SATOMI

垂石 さとみ


株式会社システムサプライ関連企業
農業生産法人 株式会社イソップアグリシステム
営業職
2016年入社

北見市出身で北見北斗高校卒業後、岩手大学の農学部で農作物の品種改良に関する研究に取り組む。その後北海道の農業を学ぶ為北大の大学院に進学、農業の研究者としての道を志す。筑波大学の博士課程へ進学が決まっていたが、一旦帰郷。そこで農業の現場に触れたことがきっかけで北見で働いている。
博士課程進学を取りやめ、農業へ
筑波大学の博士課程への進学が決まっていたのですが、父の病気をきっかけに一旦北見に戻ることにしました。仕事は農家やアパレル販売、事務職、工場ライン作業など、様々な業種を経験しましたが、農業の研究者を目指していたこともあり、農家が一番自分には合っていました。実家の農業を継いでいたソフトボールのチームメイトに相談したところ、そこで働かせてもらえることになり、気づけば5年が経っていました。30歳を目前に、大学に戻ることや都会で働くことも含め、進路について考える旅に出たときに、やはり農業に関わる仕事で、さらにこれまでの「生産者」とは違う立場で働きたいという思いがあり、現職に至ります。
taruishisama2
taruishisama3
農業をベースとした様々な仕事
今私が働いているシステムサプライはシステム開発がメインの会社ではあるのですが、社長が地域農業に思い入れを持ち、自社事業としても注力しております。平成14年、地域の篤農家とともに農業生産法人イソップアグリシステムを立ち上げ、ITを活用した農作物生産販売から加工流通まで取り組む、全国でも特殊な事業モデルが出来上がっています。特に、農業IoTの分野は今でこそ各社が取り組んでいますが、システムサプライでは10年以上も前から農業の課題をITで解決する先進的な開発や実証に取り組んできました。 そういった挑戦的事業から、農作物や加工品の生産販売と幅広く取り組む企業である為、一般的な農家ではできない経験に恵まれていると思います。
地域の食のオーガナイザーを目指す
現職では加工品を含む自社商品の販路開拓を主に担当しており、特に食品製造業や飲食店様とのコミュニケーションを大切にしています。最終顧客である消費者様と直接的に関わる「調理のプロ」のご意見や知識は、企画や商品提案の場で活かされ、商談の決め手となることが多々あります。 また、そういった方々だけでなく地域には食産業の発展に取り組むたくさんのプレーヤー様がいます。私の役割は、生産から加工流通まで幅広く手がける自社の特徴を活かして、たくさんのプレーヤー様の取り組みに寄り添い、新たな価値を共創していくことだと考えています。 私自身が地域商社のように、生産加工、商品開発、流通販売など、様々なバリューチェーンを結びつけていくオーガナイザーになっていきたいと考えています。
taruishisama4
taruishisama5
日本有数の農業地帯で自分らしく暮らす
弊社は「きたみワーク・ライフ・バランス認定事業所(第3ステージ)」であり、仕事とプライベートのメリハリのある環境です。終業後に飲みにいくことが多く、夏場は明るい時間から外でビールを飲みながら黄昏時の街を見るのが大好きです。週末のソフトボールは10年近く続けていますが、様々な年齢層のメンバーと勝利を目指すことは、組織の中での自分の在り方に影響を与えています。アフター5や趣味を大切にしながら、やりがいのある仕事にも向き合うことが自分らしい暮らし方だと思っています。 北見は自然もあり、都市もあり、食べ物も美味しい。好きな農業に関わりながら地域にとって新しい価値を作り上げられる仕事もあります。私は担当企画を主体的に動かす立場にいるので、営業や商品開発・品質管理などオールラウンドな働き方は、都会で働く友人に羨ましがられる事もありますし、私の性格にはマルチプレーヤーという働き方が合っていると今では実感しています。 日本有数の農業地帯で、農業と食を通じて新たな価値を作っていく仕事とライフスタイルを今後も楽しんでいきたいです。